宮崎 一人暮らし 相場

宮崎で一人暮らしを始める方に!一人暮らしの費用相場は?

宮崎県で一人暮らしをスタートする方に、一人暮らしのための引越し費用や色々なもので使うお金の相場をご紹介しています。

 

新しい出発でもある、一人暮らしを楽しくスタートするにはお金の準備も必要です!!
宮崎県内で一人暮らしを始める方も、だいたいの準備しておくお金の相場はコチラ程度です。

 

 

一人暮らし全般で用意しておきたいお金はコチラ

・引越し費用・・・10万円前後(簡単なら10万以下)。
・家電家具購入費用・・・10万円前後。
・台所用品費用・・・2万円前後。
・賃貸契約・・・敷金礼金・・・20万円前後。
・電気、ガス、水道・・初期費用はほとんどなし。

 

ざっくりとした一人暮らしの引越し費用は50万程度の予算を準備しておけばよさそうです!引越し後の家賃や食費、維持管理費、電気ガス水道、通信費等もかかりますので、そちらもお忘れなく!!

 

ちなみに単身の引越し費用概算は下記のような形です。
時期によって、大きく引越し費用相場は変動してきます。
進学や就職は2月~4月の間で一人暮らしをスタートする方が多いので、当然引越し費用も跳ね上がります。引越しの予定が決まっていたら、早めに引越し予約をしておきましょう。

 

単身オフシーズン(5月~2月)の引越し料金相場

近距離(20km以内) 37,805円 44,315円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円
長距離(200km以内) 60,642円 63,213円
長距離(300km以内) 74,112円 81,394円

 

単身繁忙期(3月~4月)の引越し料金相場

近距離(20km以内) 49,147円 57,610円
近距離(50km以内) 56,674円 59,774
長距離(200km以内) 78,835円 82,177円
長距離(300km以内) 96,346円 105,812円

 

一人暮らしの引越しの場合、引越し業者の繁忙期・引越しシーズンに一人暮らしの引越しが多いのが特徴です。
やはり進学就職、単身赴任の引越しシーズンに一人暮らしのスタート、新生活のスタートも重なりますから、早めの引越し費用見積もり比較をして、費用を計算後、引越しスケジュールを組みましょう!
引越し日取りの予約もままならないことがありますので、早めに引越し業者に引越し予約をしておくと安心です。急な予約は引越し料金にも影響してきますからね。

 

県内引越しなら一日~二日で完了します。

一人暮らしで近距離、同一県内であれば半日、一日で引越しは終わります。
多忙な引越しシーズンでも早めの予約と見積もり査定をお願いすれば、かなり引越し日程にも引越し費用にも余裕がでます。
引越し費用は早めの予約であればあるほど、安くお得にできますし、引越しによる特典キャンペーンのメリットも受けられますので、出来るだけ退職が決まり転居、引越しをするなら予約を早急にしておきましょう!

 

一人暮らしの生活必需品(家電)

「一人暮らし」でも「二人暮らし(同居・同棲)」でも、必要な電化製品、家電セットをご紹介します!

 

・冷蔵庫(小型でもOK)
・炊飯器(ジャー)
・電子レンジ・コンロなどの調理家電
・掃除機(シングル)
・洗濯機
・固定電話(必要な方は)
・アイロン
・エアコン
・テレビ、DVDレコーダー

 

最低でも上記の家電製品は必要になります。
その他はスマートフォン(携帯電話)、パソコンなどのインターネット関連機器も必要です。一人暮らしや単身生活の家電製品はネット等で一括で購入すると安くなります!また、楽天市場やヤフーショッピング、大手家電電機店では一人暮らし用の家電セットも販売されています。

 

クレジットカードやポイントを活用して、一式で購入するとお得ですので、クレジットカードの支払いをオススメします!

 

引越し後の転居先での届出先等

↓コチラは一般的な引越し後の手続きです。
面倒ですが、やっぱりきちんと手続き類はしておかないといけませんね♪

 

・転出届 旧居の市区町村 転居14日前から受付
・転入届 新居の市区町村 転居後14日以内
・国民保険 旧居の市区町村 転居14日前から受付
・国民年金 新居の市区町村 転居後でOK
・住民票 新居の市区町村 何通必要か事前に確認/(   )枚必要
・印鑑登録 新居の市区町村
・運転免許証 新居管轄警察署 転居後でOK
・車庫証明 新居管轄警察署 転居後・証明書類必要
・自動車の登録 新居管轄警察署 転居15日以内
・原付自転車の登録 新居管轄警察署 転居15日以内
・電気使用 旧居管轄局
・ガス使用 新居管轄局へ 立会いの予約が必要
・水道使用 旧居管轄局
・電話番号の手続き NTT116番
・インターネット回線の接続(引越し元から継続か新規契約)
・郵便局(旧住所からの転送願)

 

ちなみに・・・会社を退職した場合は、ハローワークでの手続きや社会保険庁への保険・年金等の変更届など多くの手続きと変更が必要となります。
できるだけ事前に準備をして一度で完了するようにしておきましょう!